<< 聖炎天使エレアノール SAGAPLANETS HOMEPAGE >>
             ★戻る★
◆聖女ルミハニエル×主人公(ネオン)◆

 スピーカーのアイコンをクリックすると音声が流れます。

   . ルミハニエル「こんな美少女の足でコキコキしてもらえるなんてサイコーでしょ? 踏まれてアヘアヘ
               言っちゃう変態神父さんっっ!!」


       俺には答える余裕すらなかった。土踏まずと土踏まずの間をヌポッヌポッと往復するペニスに、俺の意識は全て
     持って行かれていたから。
       膣や手とは完全に違う異様な圧迫感、窒息感……そして屈辱……。

   . ルミハニエル「ほーらぁ、こういうのがイイんでしょぉ? こういうのがち○ちん気持ちイイんでしょぉ?
                ルミハニエルに教えなさい」


   . ルミハニエル「さあっ! さあっ! さあっ!!」

       ネオン「わ、分かった……。最後まで……してくれ……」

       ダメだっ……抗えない……!!

   . ルミハニエル「はぁ……はぁ……最後までぇ……? ナニにナニをどうして欲しいの? ちゃんと言いなさいよ」

       ネオン「しゃ……射精……させてくれ……」

       ネオン「ルミハニエルの……足でっ……踏みつけてっ……!!」

   . ルミハニエル「きゃはははははっ! そうよねっ、ルミハニエルに足マ○コして欲しいわよねぇ?」

       ぬっちゃぬっちゃぬっちゃ! ルミハニエルの歓喜の叫びとともに、浅ましくそそり立った欲棒は快楽の渦に巻き込まれる。

       ネオン「うあああっ!! あっ、あっ、くぁあっ……」

   . ルミハニエル「はぁっ……はぁっ……、あははははぁっ♪ あなたってサイテーよっ。サイテーでサイコーっっ♪
     きゃはっ、デカチ○ポまだ大きくなるっ」


   . ルミハニエル「ほらっ、言いなさいっ!! 今何されてるのっ? 何がイイのっ!?」

       ネオン「あっ、足でっ、ペニスを挟まれてっ……気持ちいいっ……ルミハニエルの、足が……ああっ」

   . ルミハニエル「ルルルルルっ♪♪ よく言えましたっ♪ いい子には大サービスよぉっ! おけつで
     キ○タマ踏んづけてあげるっ♪」


       ルミハニエルは腰をちょっと動かし、器用にも足でペニスをしごきながら、尻の下に俺の陰嚢を敷いてみせる。

       ネオン「うあぁあああああっ……!!」

   . ルミハニエル「きゃはははは! 腰浮かせちゃってか〜わいい♪ もう出そう? 出ちゃいそうなの?」

       ネオン「うっ、あああっ、ルミハニエルっ、すごっ……うああああっ!!」

       ダメだっ、ルミハニエルの言うとおりもう限界だっ……。

      ★戻る★                                       お楽しみは本編で!
                                     
予約が出来る通販ショップリスト特典付きオフィシャル通販amazon.co.jpの詳細ページへ <<通販はこちらから SAGAPLANETS HOMEPAGE >>>