<< 聖炎天使エレアノール SAGAPLANETS HOMEPAGE >>
             ★戻る★
◆ニージェリアス・プルプレア×主人公(ネオン)◆

 スピーカーのアイコンをクリックすると音声が流れます。

      ネオン「んぐっ! よしっ! 全部入ったぞ……」

   . ニージェ「あが……あ、いああっ……あつ、いぃっ……それに、かた、い……ドクドクって、ああっ! 
           脈打って……ふはぁっ……!」

   . ニージェ「はあっ、ふうっ、うう……ぐ、『大丈夫か?』なんて聞くんじゃないぞ……そんな言葉、
           んぐ、聞きたくない……っ!」


  . ニージェ「ぶはっ、はっ、あぐ……これ、だけでぇ……終わりじゃない、のはぁあぁっ……分かってる、なっ……?」


      ネオン「ああ、分かってるさ……」

      ためらっている暇はない。
      俺がウジウジしていれば、それだけニージェの決意に失礼だ。だから、腰を使い始める。

   . ニージェ「あはっ! あ、ううんっ! く、はう……ん! ああっ、……んあはぁあぁ、ふうっ、はあっ、あ、んぅ……」

      ネオン「ふう、はあ、なあ、ニージェ? その……気持ちいいか?」

   . 
ニージェ「……っ! あ、えっと……んく、まだ少し痛いけど……それよりも……」

   . ニージェ「気持ち、いい……かもしれない……から……、もっと、奥まで……来て、いい……。 してくれ……」


      赤い顔をますます赤くしてゆであがるニージェが、恥じらい一杯の声で答えた。
      いいというなら、やるまでだ。俺は遠慮をとっぱらって、奥の奥までニージェをかき回していった。

   . ニージェ「ふぐあぁあぁっ!! あっ!! あはうっ!! ん……ぐ、うあぁあぁっ!! 奥にっ!! 
           んああっ、一番奥……にいぃいぃっ……!!」

   . ニージェ「んぐっ、くっ! かはっ! あ、あ、当たってるっ! こんこんって! ふああっ! 
           ネオンのが叩いてるぅっ!」


      ネオン「んぐ……苦しくないか?」

   . ニージェ「はあっ! 大丈夫、だっ!! は……あふあぁあっ!! もっと……、気持ちよく、なってきた、からっ」

   . ニージェ「んぐ……あ、ふはぁあぁっ!! へんだ! 私がへんだ! あんなにっ! あんなに痛かったのにっ!! 
           今はいいっ!! ネオンのが気持ちいいっ……!!」

  
 . ニージェ「ひいっ、ふうっ、は、はああっ!! 痛い、熱い、痛い、熱い、あああっ! 胸とお腹が熱いぃいぃっ!!」

      複雑な悲鳴の中、俺も快感がどんどん増していって……たまらなくなってくる。

      ネオン「むお……お、すまん、ニージェッ……!! 俺……ちょ、もう、出そう……だ……!!」


      ★戻る★                                       お楽しみは本編で!
                                     
予約が出来る通販ショップリスト特典付きオフィシャル通販amazon.co.jpの詳細ページへ <<通販はこちらから SAGAPLANETS HOMEPAGE >>>